私たち加茂繊維は、縫製技術を追求し、ファション・アパレルなどいろいろな衣料分野に取り組んできました。そして、たどり着いた答えが、"新たな素材をつくる"ことでした。私たちは「新たな素材と技術」で、その素材を最も活かした商品を開発し、それに関わるすべての"サービス"をレベルアップしていきます。それら、すべてが加茂繊維のものづくりなのです。

日本トップクラスの縫製加工技術

加茂繊維は圧倒的な縫製加工技術を持っています。 例えば私たちがつくる縫製品は、縫い目1つ1つが違います。 縫製というのは、縫えば目が飛ぶのは当たり前なのですが、 加茂繊維のミシンは、すべてカスタマイズされており、目が飛びません。 今日まで多くの方の協力のもと、経験と理論に基づいて、徹底して改良し尽くしました。 だからこそ普通ではあり得ないことを実現しています。 また、想いを込めるため、一枚の商品を一人の技術者がすべて縫いあげます。

新素材「"着る岩盤浴"BSファイン」

私たちは、永年の夢である理想の肌着を目指して、大手メーカーの協力のもと、日本の最先端超微細化技術を駆使して、天然鉱石ブラックシリカを使った新たな繊維を開発しました。 その素材こそが"着る岩盤浴"BSファインなのです。現在は、BSファインの企画から、製造、販売まで手がけています。日本のものづくりを日本に残す、ものづくりに真摯に取り組み続けたなかで見つけたのが「製造小売業」という回答でした。 それこそがアパレル不況の中、加茂繊維が成長を続けていける理由なのです。

ファッションではなく、実用衣料

肌着をはじめとした実用衣料は、日常の生活に欠くことのできない大切な衣料です。 ファッション性などの流行に流されるものではありません。 多くの方が着やすく、着心地のよいパターンを、磨き込んでいきます。 そうすることによって、本当の意味でのオーダーメイド衣料になっていくと考えています。
私たちが開発した新素材「"着る岩盤浴"BSファイン」は、冷えや疲れでお悩みのお客様に対してしっかりとサポートできる素材、商品です。お客様の生活をしっかり支え、お客様にとってなくてはならない商品、会社になりたいと考えています。

結果的に、ものづくりは人づくり

日本人は常にものごとを探求して、深く掘り下げてものをつくってきました。しかし、現在は多くのものづくりが消滅しているように感じます。私たちは、ものづくりは、人づくりだと考えています。人がいろいろなものに興味を持ち、"今の不便を改善すること"を考え、徹底して深掘りをすることで、初めて新たなものができます。それには人材教育、人材育成しかありません。ものづくりは、ただ単にモノをつくることではありません。本当のものづくりは人をつくり、そして商品をつくり、サービスをつくっていくことだと考えています。