加茂繊維はお客様と対話を大切にしています。コミュニケーションセンター、電話では難しいのではと言われますが、それは間違いです。お客様の立場に立ってお話をお伺いすることで、お客様の今のお考えや、お悩みを感じることができます。その悩みをしっかりとお伺いし、お客様のお役に立てる存在になりたいと考えています。

常にお客様のお声を伺う

加茂繊維のコールセンターは、無理に説得して商品を販売することは禁止です。まずお客様のお悩みをよくお伺いします。そして、商品の説明をしっかりします。 そして納得していただき、そこで始めて商品を提案していくことになります。また、お声を聞く仕組みをつくっています。お客様のお声を集めて、応対はどうだったか?など、お客様からいただいたお声から、新たな商品開発や、サービスの改善を行っています。

お客様からいただいたアンケートハガキ

私たちのサービスは、お客様と心が触れ合うこと

私たちは、物を売っているのではありません。お客様の悩みを解決して、より快適な生活を送っていただきたいと考えています。その中に私たちの開発した素材、商品、サービスがあるだけです。ある時「うちの娘が本当に寒がりでね」とお電話をいただきました。お話を伺っていたら、「散歩に行くときも寒くてね」とおっしゃるので、「ワンちゃんがお好きなのですね?」と言った瞬間に、お客様は、「そうなのよ!」と嬉しそうに話してくださいました。

私たちは、このような他愛のない対話がとても大切だと考えています。お客様との心が触れ合うこと、それが私たちの最大のサービスだと考えています。だから、加茂繊維のコールセンターのスタッフは、お客様からご指名をいただくことが多く、親身になってお話をお伺いできる機会がとても多いのです。

自分の家族とおなじ想いで、
真剣に、敬意を持って

我が社の理念は、大切な誰かに喜んでいただくということです。その大切な誰かというのは、実は自分の家族です。だから自分の家族と同じようにお客様のことを真剣に考える。常に敬意を持って、お客様に接する。そこが原点です。

例えば仕事をするときに、自分のためだけだったら、嫌なことや困難なことがあったら諦めてしまいます。ところが家族のため、人のためなら諦めずやり遂げることができるはず。私たち加茂繊維は、そういう気持ちを持って、常にお客様と接するようにしています。